ビジネスプロセス分析のためのBPMN

BPMN (Business Process Modeling Notation)は、ビジネスコンピュータサイエンスで使用される図形を用いた表記言語です。これにより、ビジネスやコンピューターサイエンスの専門家がビジネスプロセスのモデリングを行うことが可能になります。

SemTalkは複数のバージョンのBPMNを含んでいます。最も使用されているのはBPMN 1.1の一部です。コレオグラフィなどをサポートするBPMN 2.0も使用可能です。SemTalkでは、Visio Premium BPMNテンプレートのすべての図形および機能を使用できます。

SemTalkには、BizTalk、XPDL 1.1/1.2、そしてBPMN 2.0 XMLへのエクスポート用インターフェースが用意されています。それ以外に、SharePoint Designer用のXAMLワークフローを生成することも可能です。

BPMNサンプルモデル (Thomas Allweyer著、『BPMN Business Process Modeling Notationx - Einführung in den Standard für die Geschäftsprozessmodellierung』より抜粋)

BPMNは、2002年、IBMに勤務するStephen A. White氏によって広められました。ビジネスプロセスモデリングの規格策定組織であるBPMI (Business Process Management Initiative)によって開発および定義されたものです。以降の活動については、2005年6月にOMG (Object Management Group)が引き継ぎました。そのため、2006年以降はOMG BPMNが公式規格となっています。その名称が示す通り、BPMN表記、つまり図形を用いたビジネスプロセスの記述に重点を置いています。