シミュレーション

SemTalkのシミュレーションコンポーネントは、ビジネスプロセスの動的振る舞いの調査を目的とした、オープンかつ調整が容易なフレームワークです。プロセスインスタンスによってプロセス定義の個別のステップで実行されます。並行計算は「色づけされたペトリネット」を使用してシミュレーションされます。

このシミュレーションによって弱みや媒体の分断箇所を確認することができ、プロセスの動的振る舞いの把握に役立ちます。シミュレーションデータからは、プロセスベースのコスト分析に有益な根拠を得ることができます。

プロセスはシングルステップモード(アニメーション)で実行することも、リソースを共有する多数のプロセスインスタンスが同時に存在するなシステム全体として実行することも可能です。「命令」のようなビジネスオブジェクトはシミュレーション中に作成されます。属性値はシミュレーション実行中に変更が可能です。独自のマクロを作成し、複雑な計算を実行することもできます。

KSA表記法はシミュレーションのすべてのエレメントを含んでいるため、SemTalkのシミュレーションコンポーネントに最適です。BPMNやフローチャートも十分にサポートしています。EPCについては、明示的な情報フローがモデル化されず、非フロー指向のイベントが多用されるため、ある程度の制限があります。

シミュレーションについての理解を深めるため、当社が作成したビデオをお勧めします(ドイツ語)。このビデオは、次のリンクをクリックするとYouTubeで視聴できます。シミュレーションビデオ